Business

社員が働いてくれることについて

2017/09/07

社員だから頑張って働いてくれる。

当たり前のことだと思ってましたが、それってホントに感謝しないといけないことなんだなと改めて思いました。

ちょっと備忘録として残しておきたいと思います。

約2年一緒に働いてきている仲間が本気で会社を辞めたそうにしていて理由としては主に

・長時間労働・休日出勤の常態化

・不明瞭な残業代・会社への不信

といったところでした。

 

以前から「早く帰りたいです。。。」という発言は聞いてましたが、業界的に当たり前だし…と軽く流してしまっていたところ、ここ最近は笑顔も少ないし、本気で辞めそうな発言が目立ってました。

これはやばいと思って(というか手遅れかと思ってました)、休み取るようにフォローを入れて、ちょっとやばいと社長にも報告。

一応なんとか社内体制の改善も行われ、本人もなんとか復活した感じが見えてひとまずは安心かな、という感じです。

 

学んだこと

・マネージャーとしては基本中の基本ですが、やはり部下を褒めて認めて信じること、これはすごく大事。

本気で部下に興味を持つこと。

この子は何が好きで何をやりたいのか。逆に何をストレスと感じるのか…。本人に幸せを本気で願ってあげることが大事。

 

・上記の内容ともかぶりますが、部下からちょっとした雑談・愚痴を投げられるような関係づくりはすごく大事。

部下からのSOSをいかに早く気付けるか。不信が大きくならないうちに自分のところで巻きとれるようにしておかないと今回みたいになる。

今回は社員がSOSを出していたにもかかわらずそれを拾えていなかった自分に大きな責任あり。本当に気をつけないと。。。

 

今後やらないといけないこと

長時間労働の是正。

広告・Webといったある種長時間労働が当たり前とされている業界ゆえ、しょうがないと諦めていたものの、今回の件で改めて真剣に考える必要が有ると感じました。

かといってただ短時間労働、と謳うだけでは根本的な解決にはならず、結局のところ売り上げ減少により再び長時間労働に戻る可能性が大。

・取引先の選別

・見積もり金額のアップ

・フロント部分(ディレクション)での要件確定の厳格化

 

いかにして売り上げもあげつつ、制作スタッフを守っていけるか、というところが課題だなーと感じるわけです。